microsoftの最新記事

Image credit:

マイクロソフト、Windows 7の概要を公開 ・ ネットブックでも動きます

Ittousai , @Ittousai_ej
2008年10月29日, 午前07:02 in Microsoft
101 シェア
0
0
101
0
0

注目記事

人気記事



開発者イベントPDCにて、マイクロソフトがWindows 7の概要を発表しました。キーノートで実演されたWindows 7の新要素は大きく変わったタスクバーやウィンドウの挙動などユーザーインターフェースの進化、Liveサービスとの連携強化、また基幹部分でVistaを元にしながらメモリ管理の最適化と全般的なパフォーマンス向上が図られネットブックでも問題なく作動すること。

Windows 7が「Vistaとばし」でミニノートに採用されることはメーカーの発言などからすでに知られていますが、キーノートではマイクロソフトSVP スティーブ・シノフスキー氏が「1GHz CPU、1GB RAMのネットブック」で動いているWindows 7を披露、起動後の状態でも500MBのメモリが空いていることをアピールする場面もありました。

「OS X風」のユーザーインターフェースなど、今回明らかになった部分はたとえば:
  • アイコンベースに一新されたタスクバー。OS Xのドック風にアプリケーションアイコンを配置することができ、クリックして起動のランチャーとして作動するほか、コンテキストメニューのようにタスクを直接指定して実行できる「ジャンプリスト」が加わりました。たとえばメディアプレーヤならプレイリストを指定して起動など。
  • 起動中アプリのタスクバーアイコン上にマウスオーバーすると、ほかのウィンドウが半透明化してポイントしたアプリのウィンドウが可視化される。
  • ガジェットはサイドバーではなくデスクトップに直接置くようになった。画面の狭くてサイドバーどころではないノートには特に有効。マウスを画面の隅においてデスクトップを表示すればすぐにアクセスできる。
  • ウィンドウの最大化・サイズ変更やタイリングが半自動化。タイトルバーを掴んで画面上端に付ければ自動的に最大化、離せば元に戻す。左右端に寄せれば50%サイズでぴったりくっつく。
  • Vistaで不評だったUACは使い勝手が改善。アプリごと、アクセスレベルごとに挙動を設定可能に。
  • HPのTouchSmart PCでマルチタッチをデモ。タッチ操作スクロールはすべてのアプリでサポート。タッチインターフェース時にはスタートメニューが大きくなる、タッチ用の予測付きオンスクリーンキーボードなど。Windows 7の最初のプレビューで公開されたときとおなじくデモとしては目を引くものの実用上どれほど便利かはまだよく分からない。
  • シノフスキー氏が「私物」といって7をデモしたネットブックは1GHz CPUに1GB メモリというほかメーカー・型番不明。Atomはクロックが高い(ネットブックに使われているN270は1.6GHz)ことからVIAではないかと推測されるものの謎。
  • ハイエンドよりとしては256CPUコアまでサポート。
  • マルチモニタ管理やプロジェクタセットアップが大きく改善。マルチモニタのリモートデスクトップもサポート。
  • 新メディアセンターはインターフェースがZune風に進化。
Windows 7の初期プリベータ版は開発者向け配布が始まっています。さらに機能の揃ったベータは来年早期に公開予定。製品版のリリースについては、やはり公式の「Vistaから3年」すなわち2010年のまま。ですが、「来年半ばから後半にもWindows 7搭載機をリリースと公言しているメーカーCEOもいらっしゃいます。

Read - マイクロソフトのPDC公式サイト。動画も多数。
Read - Ars TechnicaのよくまとまったWindows 7 UI ツアー。
Read - 日本語ではおなじみ本田雅一 氏のリポート
関連キーワード: microsoft, windows 7, Windows7
101 シェア
0
0
101
0
0