Sponsored Contents

takaratomyの最新記事

Image credit:

タカラトミーxiao プリンタつきデジタルカメラ

Ittousai , @Ittousai_ej
2008年11月7日, 午後01:53 in Takaratomy
5 シェア
3
0
0
2

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事



ポラロイドPoGoに続いてこちらもZINKプリンタ搭載の新製品。タカラトミーはZINKプリンタを内蔵したデジタルカメラxiaoを発表しています。PoGoとおなじく2 x 3インチ(5 x 7.5cm)のZINKフォトペーパーに印刷するプリンタとデジタルカメラが一体化しており、カメラ部の仕様は500万画素CMOSセンサ・撮影距離60cm ~の固定焦点(39mm相当)、赤目軽減設定etcの可能なストロボ搭載。16MBのストレージ内蔵するほか、4GBまで対応のSDHCスロットも搭載します。液晶モニターは2.48インチ。本体サイズは 149.5 x 74.5 x 25mmでバッテリー込み約294g。

プリンタ部は2 x 3インチで裏面がシールになっているZINKフォトペーパーに約45秒 / 枚で印刷可能。バッテリー駆動時間は連続撮影で 約250枚、撮影&プリントの目安は52枚撮影&20枚印刷。プリンタとしてはACアダプタ駆動も可能です。プリンタのソフトウェアは2 ~ 64分割プリント、12個のインデックスやモノクロ・セピア・モザイクといったエフェクト、フレーム付加など単体で加工して遊べる趣向。

ポラロイドのPoGoはインターフェースとしてUSB (PictBridge対応)とBluetoothを採用していますが、xiaoは別のカメラで撮影した写真などSDカードに保存した画像ファイル、またはirSimple対応の赤外線ポート経由で携帯電話などから転送した画像のプリントが可能です。発売は11月28日、価格はxiao本体が3万4800円、専用フォトペーパーは20枚入り880円。一枚換算で44円。

Read - タカラトミーxiao 製品ページ
Read - ZINKのプレスリリース
関連キーワード: takaratomy, xiao, zink
5 シェア
3
0
0
2

Sponsored Contents