昨年秋あたりにFCC入りしていたサイバーショット Gの新型が正式発表を迎えました。DSC-G3は無線LANに加えてウェブブラウザを内蔵、撮影した写真や動画をホットスポット経由でオンラインフォトサービスや動画サービスにアップロードできます。初期設定のSony Easy Upload ページからリンクされているサービスはたとえばPicasa、Shutterfly、YouTube、Dailymotion、Photobucketなど。このほかのサービスにもブラウザからアクセス可能。また従来機種とおなじくDLNAに準拠しており、ブラビアやPS3などから無線経由でG3内の写真・動画にアクセスできます。

無線部以外の基本仕様は10.1メガピクセル、4xズームのカール・ツァイス バリオテッサレンズ、スマイルシャッターや子供 / 大人優先・まばたき検出など着々と機能が増えている顔認識など。4GBの大容量本体メモリを備え、撮るだけでなく録り溜めて持ち歩くアルバム機能が重視されているのも従来機種と同様。米国では500ドル程度ですでに発売中。

ソニー Cyber-shot DSC-G3 無線LAN & Webブラウザ搭載カメラ

0 コメント