Sponsored Contents

デスクトップPCの最新記事

Image credit:

Windows 7は 6エディション構成、機能比較

Ittousai , @Ittousai_ej
2009年2月4日, 午前08:06 in Microsoft
80 シェア
0
0
76
0
4

注目記事

人気記事



Windows 7のSKU構成があきらかになりました。各エディションの名称と概要は:
  • Windows 7 Starter (同時に3アプリまでの制限)
  • Windows 7 Home Basic (新興市場向け)
  • Windows 7 Home Premium (Aero、マルチタッチ、メディアセンター系機能入り)
  • Windows 7 Professional (加えてリモート デスクトップ(ホスト可), モビリティ センター、プレゼンテーションモード)
  • Windows 7 Enterprise (ボリュームライセンスのみの法人向け。仮想ドライブから起動、BitLocker暗号化)
  • Windows 7 Ultimate (限定版。全部入り)
同時起動アプリが3つまでという制限のかかったStarterは低価格PCにプリインストールされるOEM向け。またHome Basicは VistaのHome Basicとは異なり、低所得者層の多いいわゆるEmerging Market向けとなります。つまり日本や米国の一般消費者が購入するのは基本的に「Home Premium」か「Professional」の2択。および、逸般的なPCマニアやハイエンド向け特別版の「Ultimate」という構成。一般向けの下位が「Home Premium」になったことから、Media CenterやOSデフォルトでのDVD再生、DVD VIDEO作成といった機能は基本的にWindows 7標準といえることになります。続きはさらに詳細な各エディションの比較。

Windows 7 Starter

  • OEM対象のプリインストール用。
  • Aeroなし。新タスクバーやジャンプリストといったUI改良はあり。
  • 従来のスターターとおなじく、同時起動アプリは3つまで。
Windows 7 Home Basic (Vista equivalent: $200)
  • 新興市場向け限定
  • Aero なし
Windows 7 Home Premium (Vista equivalent: $260)
  • OEMおよび小売向け
  • Aeroあり
  • マルチタッチ対応
  • 「プレミアム」ゲーム入り
  • Media Center、DVD再生、DVD作成
  • ホームネットワークグループの作成
Windows 7 Professional (Vista equivalent: $300)
  • OEMおよび小売
  • Premiumの全機能
  • 加えて、ネットワーク機能の強化(リモート デスクトップのホスト、オフラインフォルダ、ドメインなど)
  • モビリティ センター
  • プレゼンテーションモード
Windows 7 Enterprise
  • ボリュームライセンスのみ。小売パッケージなし。
  • Professionalの全機能
  • 加えて、ブランチキャッシュ
  • ダイレクトアクセス
  • BitLocker 暗号化
Windows 7 Ultimate (Vista equivalent: $320)
  • OEMのハイエンドPCプリインストールおよび小売パッケージ。限定版。
  • Enterpriseのものを含む全機能

関連キーワード: microsoft, windows 7, Windows7
80 シェア
0
0
76
0
4

Sponsored Contents