とにかくガジェットは最後には人体へ埋め込まなければならない、とお考えの皆様へ。指のUSBメモリ化をご案内します。もともとは空想系ガジェットブログのYanko Designが「YOU-SB」としてコンセプト画像を紹介していたのですが(写真左)、なんとコメント欄に「俺は本当に埋め込んだよ」という男が登場しました(写真右)。その男Jerry Jalavaさんは昨年、フィンランドでバイクを運転中にシカと衝突、左手の薬指を半分失うことに。そこでかわりの人工指に2GB USBメモリを埋め込んだということです。

USBメモリを使っているあいだは片手でPC操作か? という不安はごもっとも。ちゃんと取り外せます。USBから手が生えてくるという製品はありましたが、反対に指がUSBに差さっている様子はとってもシュールです。もっとも、取り外し可能なおかげで将来的な容量のアップグレードも可能。現在はUSBメモリ向けのLinuxディストリビューションBillixなどをインストールしているとのことです。「お前の指、何ギガ?」という会話がかわされる時代も近そうです。

Read - Yanko Design の "You-SB"
Read - Jerry Jalavaさんのブログ、取り外し画像あり
Read - Jerry Jalavaさんの Flickr

[Via Grinding.be]

指をUSBメモリにした男性
広告

0 コメント

広告