ブラザーから、9.7型の大型電子ペーパーディスプレイを採用したドキュメントビューア SV-100Bが発表されました。ディスプレイは1200 x 825 (約150dpi)の4階調グレースケール。内蔵バッテリーは約5000ページ送り分または約83時間駆動(ページ送り間隔を1分にした場合)。電子ペーパーの弱点である書き換え時間は「室温23℃時測定で1秒以下」。ストレージにmicroSDスロットを備えるほか、Bluetooth 2.0+EDRを内蔵します。microSDスロットはSDHC非対応の2GBまで。

本体サイズは左側のグリップ兼 操作部のおかげで237 x 247mmとかなり大きいものの、厚みは15.5mmとなっています。重量は約600g。対応形式については一行であっさり「独自フォーマット」とされているものの、付属のSV-ManagerソフトウェアでPDFやWord, Excelといったファイルを変換可能。また同梱のプリンタドライバにより、各アプリから直接印刷を選んで変換することもできます。同じ電子ペーパーデバイスでも「電子ブックビューア」ではなくドキュメントビューアを名乗っているように業務用のテキストやマニュアル類の閲覧を目的としており、AES 128bitによる暗号化にも対応します。価格はオープン、発売は6月1日から。

Brother SV-100B e-paper document viewer

すべての写真を見る

4 枚


ブラザーから9.7インチ電子ペーパー画面のドキュメントビューア、Bluetooth搭載

0 コメント