Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

動画:Twitter-脳インターフェースで手を使わずに投稿

Haruka Ueda
2009年4月21日, 午後05:37 in Adam Wilson
1シェア
0
1
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

息を吸って吐くようにTwitterへ投稿を続ける皆様にとって、思ったことがそのままTwitterに投稿される脳波インタフェースは夢の存在でしょう。その夢への第一歩にウィスコンシン大学の学生Adam Wilsonさんたちが取り組んでいます。仕組みは写真のように脳波計測機を使い、選択したい文字がディスプレイに表示されているときに念じることで、その文字が入力されるというもの。同様に「Twit」ボタンが選択されているときに念じれば投稿完了です。慣れると 一秒 一分に十文字は入力できるようになります。技術的には出力先をTwitterにしただけ。

先日ご紹介したロボットアーム付き車椅子と同じで、こちらも閉じ込め症候群など意識ははっきりとしているのに体を動かせない人向けの利用が期待されています。脳波Twitterを夢見る皆様からはこれでは普通に入力したほうが早いじゃないか、という溜息が聞こえてきそうですが、今後Twitterに最適化された脳を持つニュータイプが現れないとも限りません。脳波投稿に加え、セレブ赤ちゃんキック植物たちの呟きであふれるTwitterの未来は明るそうです。

続きには動画を掲載。次はタイムラインを脳に直接出力するインタフェースでしょうか。

[Via Hack A Day]





広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

1シェア
0
1
0

Sponsored Contents