Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

動画:100ユーロ以下で作れる自家製コイルガン

Haruka Ueda
2009年5月13日, 午後04:06 in Coil Gun
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

コイルに電圧をかけて磁性のある弾を加速・発射するのがフィクションの世界でおなじみのコイルガン。以前にもうちょっとまともなデザインの自作プロジェクトを掲載しましたが、写真の青く輝く物体も手作りコイルガンです。作者はDaniel Eindhovenさん、名称は名前はMV CoilMaster Mark1。42gの弾を14発まで装填でき、初速は最高110km/hに及びます。

幼少時代にどういう小説に影響を受けてきたか読みとれそうなこの銃は2200μFのコンデンサを4つ使っており、威力は最高で18J以上。エネルギー効率は2.8%、低電圧なら4%近くになるとのこと。撃つたびに必要な充電時間は300V(威力12J)で有線の場合8秒、内蔵の充電式バッテリーでは90秒。空き缶を楽々と貫通するその破壊力は、続きに掲載した妙にドラマチックな動画でどうぞ。

先端にはレーザーポインターがとりつけられ、電圧を表示するディスプレイや、抵抗がわりの電球も搭載。写真で見ると妙にグリップが小さく見えますが、実際なかなか大きく、重さは5キロもあります。製作費は100ユーロ以下。これくらいの威力のコイルガンが日本の法制度でどのように判断されるかは微妙なところですが、なんとなく銃で遊んでみたいという方は日本上陸を果たしたNERFをどうぞ。





広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0

Sponsored Contents