Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

スイマー用腕時計Pool-Mate、ラップやストロークの計測可

Haruka Ueda
2009年7月3日, 午後04:39 in Pool-Mate
0 シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事



スイマー用の防水腕時計を開発するとします。どのような付加機能があれば良いでしょうか。Swimovate社の答えは加速度センサの内蔵。同社の腕時計 The Pool-Mate はラップ数や、ラップあたりの平均ストローク数を自動で計測します。ラップが終わるごとにボタンを押す必要はなく、計測にあたってのキャリブレーションも不要。ちなみにクロール、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライで合計数百回のテストを行い、99.75%の精度だったとのことです。

もちろん機能はそれだけではなく、泳ぎの速度、距離、時間、消費カロリーも合わせて計測・表示可能。Swimming Computerという別名を名乗るだけのものはあります。ただしPCとの接続性については言及がなく、あくまで単体で使うもののようです。

気になるのは、防水性を保つためとはいえバッテリー切れのときは同社に送付して交換する必要があること。内蔵バッテリーは一年動作でたくさん泳ぐと寿命が短くなるという記述もあり、なんだか解せないものがあります。価格は69.99ポンド、今のレートだと1万1000円くらい。公式サイトには世界中で売りたいんだ、というメッセージと共に日本の国旗も掲載。販売を代行したい方は連絡をとってみるといいかもしれません。

[via Popular Science]



関連キーワード: pool-mate, swimming, swimovate, watch
0 シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents