前回掲載した「スターウォーズ残虐USBメモリ」は三頭身キャラクターの頭がもげてUSB端子が現れる、専門用語でいえば「テディベア系」の製品でしたが、こちらはより本格的に残虐(?)な、ルークの腕が斬り落とされてUSBメモリになっている作品。銀河をまたにかけた親子喧嘩シーンを再現しています (本物のスチル写真はこれ)。

作者oek氏いわく、「スターウォーズ残虐~」という記事タイトルをみて勝手にコレを想像していたところ違ったため「がっくりして、自作してみました」。あっさり「してみました」というレベルではないような気もしますが、 思いこみ イマジネーションをかたちにするクラフトマンシップには感服します。結局USBメモリとしてどうやって使うの?という疑問への回答は続きの写真をどうぞ。

Luke Skywalker USB drive by oek

すべての写真を見る

13 枚





真・スターウォーズ残虐USBメモリ ルーク・スカイウォーカー編 (※画像やや注意)

0 コメント