Sponsored Contents

sdhcの最新記事

Image credit:

東芝、世界最大容量・最高速の 64GB SDXCカードを発表

Ittousai , @Ittousai_ej
2009年8月4日, 午後01:01 in Sdhc
0 シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事



東芝が世界初となるSDXCカードの製品化を発表しました。今年1月に発表された SDXC (SD eXtended Capacity)は、現行のSDHCに続く新世代のSDカード規格。exFATファイルシステムの採用により最大容量が SDHCの32GBを大幅に超える 2TBまで拡張されたほか、規格上の最大転送速度が 300MB/sに定められています。

今回東芝が発表したのは容量 64GBのSDXCカード。東芝いわくSDカードとして世界最大容量であるだけでなく、SDメモリカード規格 ver 3.0の高速インターフェース規格 UHS104に対応、リード60MB/s・ライト 35MB/sという世界最速の最大転送速度も実現しています。UHS104は信号電圧が1.8V、SDクロック最大 208MHzの新インターフェース規格。UHS104 SDXCメモリカード 64GB (THNSU064GAA2BC) は今年11月からサンプル出荷を開始、2010年春に発売予定。

また同時に、UHS104に対応した高速転送 SDHCカードも発表されています。こちらはFAT32フォーマットの従来のSDHCカードのまま、最大転送速度をリード 60MB/s・ライト35MB/sに高速化した製品。いずれもUHS104のほか、信号電圧 3.3Vでクロックが低い従来のSDインターフェースにも対応しています。サンプル出荷は16GB品が今年12月、32GB品が2010年1月、市販は両方とも2010年春の予定。SDXCといえばPretecも「32GB SDXC」とラベルの付いたカードを展示しており、3月の時点では年内にも64GB SDXCカードを出荷予定としていました。実際の出荷一番乗りがどこになるのかはまだ分かりません。


関連キーワード: sdhc, sdxc, toshiba
0 シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents