先ほど開催されたIFA 2009のプレスイベントで、ソニーがVAIOノートの新モデル X シリーズを発表しました。VAIO X はかつての名機 505、新生 X505 (505 EXTREME) の系譜に連なる薄型モバイルノート。ステージでは 11.1型ディスプレイで重量 700g以下、厚さ14mm、カーボンファイバーフレーム、アルミのキーボード面、内蔵WWAN、「一日さらに夜まで」のスタミナバッテリーといった特徴が挙げられています。

VAIO Xは Windows 7の登場にあわせて10月に仕様・価格などの正式発表がおこなわれる予定。IFAで展示されていたモデルは中身にAtomプロセッサを載せていましたが、説明によればあくまでプロトタイプであり確定ではないとのこと。出荷時期も正式には発表されていないため、CPUが AsusのEee PC "Seashell" 1008HA や type PとおなじAtom Z系なのか、より高速なインテルCULV系なのか、あるいは次世代のAtom なのかも今のところは未確定です。

追記:実機ギャラリーを追加。先代 X505と比較、MacBook Pro 15インチに載せた画像もあり。

IFA 2009: Sony VAIO X preview

すべての写真を見る

16 枚



ソニー、新 VAIO Xシリーズを発表、11インチで700g ・ 14mm厚
広告

0 コメント

広告