Sponsored Contents

nintendoの最新記事

Image credit:
Save

Wii、今月中に北米で50ドル値下げのうわさ

Ittousai, @Ittousai_ej
2009年9月15日, 午前10:32 in Nintendo
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View


画像は米 Toys R Uの今月後半向け広告。と称するなにか。米国では発売以来 249.99ドルで販売されてきた任天堂の Wii が50ドル値下げの199.99ドル、Wii Sports (旧) 同梱となっています。今世代でみればハードウェアの普及台数・ソフトウェアの売上ともに一人勝ちという表現すら不適切な優位を保ってきた任天堂ですが、たとえばシュリンクと再設計を繰り返しても値下げでまだ逆ザヤ状態のPS3と異なり、Wiiのハードウェアは250ドル / 2万5000円でも単体で損失が出ない原価であろうとは各アナリストが推測してきたとおり。

要するに保守的な任天堂の価格設定であっても、やろうと思えばいつでも値下げは可能、問題はいつ実行するかだけと考えられてきました。プレイステーション3が薄型の投入でついに2万円台になり、Xbox 360もSKU変更と値下げで追撃した今年の年末商戦向けは待望の Wii 値下げタイミングとしても十分考えられるところ。ただ「9月27日より値下げ」とする上の画像そのものに信憑性があるかといえば、従来の広告をスキャンして数字を切り貼りして印刷・撮影すれば誰でも簡単に捏造できるため、一店舗の一枚ではなんとも言い難い状態です。トイザらスだけの限定値引きでなければ、これから別の小売からのリークが重なって検証しやすくはなるはずです。

[Via Joystiq]


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: nintendo, rumor, wii
0シェア
0
0
0

Sponsored Contents