ネットノート dynabook MX以外も東芝製ノートPCの冬モデルが発表されています。トピックはもちろんWindows 7搭載、そして一部モデルでは同社製PCとしてBlu-rayドライブを初めて搭載しました。

ハイエンドAVノート Qosmio G60はもちろんBlu-ray対応になったモデルのひとつ。お馴染みとなった映像処理エンジンSpursEngineを活用し、従来どおりSD解像度の動画をHD解像度にアップコンバート可能なほか、エンコード時間短縮によりBlu-ray書き込みを約5倍高速化します。プレスリリースいわく「世界最速でブルーレイディスクに書き込み可能」。遅れてやるからには一番、という意気込みが伝わってきます。

仕様は18.4型フルHD高色純度・高輝度液晶 / Core 2 Duo P8700(2.53GHz) / NVIDIA GeForce® GT 230M / 500GB HDD / 4GBメモリ / TVチューナー x 2 / Felicaポート / Windows 7 Home Premium / Microsoft Office Personal 2007 SP2 with Microsoft Office PowerPoint® 2007 SP2......といったところ。Windowsは32bit版と64bit版を切り替えられるセレクタブルOS。モバイルする方はあまりいないと思いますが、重さは約5kgの大台に達しました。29万円くらいで10月22日発売。SpursEngineやTVチューナを除き、高色純度・高輝度液晶でないdynabook Qosmio GXも同時に発売されます。こちらは22万円くらいで11月下旬発売。

そのほかの機種でも16型ワイドのハイスタンダードノート dynabook TXの全モデル、16型ワイドのTVチューナ付きノート dynabook TVの一部モデルでBlu-rayドライブを搭載。そのほかEX / CXは新デザインを採用し、NX / UXはスペック向上など。細かな変更点はRead先へどうぞ。