9.99mmという薄さより奇っ怪な開き方のほうが話題のデル Adamo XPSについて、内部仕様の未確認情報が届きました。複数の情報提供者によると(ありがとうございます)、主要スペックは13.4インチ WXGA ディスプレイ、1.4GHz または1.9GHz (1.86GHz?) のインテル製 デュアルコア ULVプロセッサ、グラフィックはGMA X4500MHD、4GB DDR3メモリ、128GBまたは180GB SSDなど。

つまり一般的な薄型ノートとおなじく、超低電圧版Core 2 Duoとインテルの(NVIDIAではない) チップセット内蔵グラフィックを載せた構成のようです。Windows 7のエクスペリエンスインデックスは総合3.3 (メモリやグラフィックといった各項目のうち最低の数字が使われます)。

またユーザー交換可能なバッテリーは2種類用意されており、軽量は20Wh で約2.5時間駆動、大きい方は40Whで約4時間駆動とされています。本体重量は13インチ機として信じがたい約1.5ポンド ( 約680g)とされていますが、おそらく軽量バッテリー装着時のもの。また駆動時間は計測基準不明 (たとえばVAIO XのXバッテリーは国内で公称20.5時間駆動・米国で公称14時間・無線接続なども含めた実使用に近いベンチでは条件により10時間~12時間程度)。参考として、同画面サイズでおそらく近いプロセッサ・チップセットを採用する「普通の」Adamo 13は40Whで「5+時間駆動」表記。

製品自体がまだ正式発表すらされていないため、上記の数字はいずれも未確認の自称リーク扱いです。仮に正しかったとして、13.4型ノートでありながら9.99mmという薄さ・700g〜程度という軽さ、かつAtomではないまともなプロセッサ採用であることに感嘆すれば良いのか、逆に GeForce 9400Mなどと比べれば落ちるインテルGMA とバッテリー駆動時間の物足りなさを嘆くかは難しいところです。リンク先は ZIVE Computerの記事。リーク仕様についての情報元ではありませんが、特徴的なデザインが動画と写真多数で確認できます。

デル Adamo XPSはCore 2 Duoとインテル内蔵グラフィック、約700g?
広告

0 コメント

広告