Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

訂正:「電子ブックリーダーのiPod」を目指すCOOL-ER、国内販売を開始

Ittousai , @Ittousai_ej
2009年11月9日, 午後07:59 in Cool-Er
12 シェア
0
0
0
12

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事



Amazon Kindle や 米国最大のリアル書店 Barnes & NobleのNook といった大怪獣が覇権争いを繰り広げるなかで、おなじE Ink ディスプレイを採用した電子ブックリーダーは有名無名の各社からさまざまな製品が登場しています。写真の「COOL-ER」は英 Interead社が展開するカジュアル志向の一品。

Kindle や ソニーReaderの標準モデルと同サイズの6インチE Inkディスプレイ (170DPI, モノクロ8階調)を採用しており、基本仕様はARM系400MHzプロセッサ + 128MB RAM、 内蔵1GBストレージ + SDスロット(4GBまで)、バッテリーは8000ページ送り、対応フォーマット PDF, EPUB(DRM対応), RFT, TXT, HTML, PRC, JPG, MP3など。

3G WWANやデュアルスクリーンといった派手な機能は備えないシンプルな製品ながら、たとえばKindle (約290g)と比べて軽く(178g)、ひとまわり小さく、どこかで見たようなカラーバリエーションが用意されている点が売りです。手持ちのドキュメントや対応フォーマットの電子本ストアで買った本が読めるほか、Intereadが運営する電子本屋 COOLERBOOKSではベストセラー書籍からGoogle Books提供のパブリックドメイン本 100万冊以上までが購入可能となっています。

COOL-ERの直販価格は US$ 249 . 299、レッドスターの国内販売では一年保証・送料込み 2万9800円。価格競争力は微妙なところですが、「そういえば電子ブックリーダーってやつ買ったよ。いや、アマゾンのアレじゃなくってイギリスのメーカーなんだけど、『電子ブックリーダーの iPodを目指す』だって」と言いつつ取り出せば確実に笑いがとれるデザインはある意味貴重です。

Read - COOL-ER 公式サイト
Read - レッドスターの国内販売ページ

関連キーワード: cool-er, ebook, interead
12 シェア
0
0
0
12

Sponsored Contents