Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

リコーがユニット交換式カメラ GXR を発表、撮影素子や画像処理エンジンを交換可能

Haruka Ueda
2009年11月10日, 午後07:00 in Grx
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View

GR Digitalシリーズで高級・単焦点コンパクトカメラという一分野を築いたリコーが、GXRというさらに不思議なデジタルカメラを発表しました。レンズ、撮影素子、画像処理エンジンが一体化しており交換することができます。同社の表現によれば、レンズ交換式ならぬユニット交換式カメラ。プレスリリースでは「撮影シーンに応じた最適な組み合わせで撮影」「レンズ交換の手軽さ、驚きの高画質と撮影機動性」などと表現されており、カメラを二台三台と持ち歩くくらいならユニット化して共通できるところは共通すればいいんじゃない、ということのようです。

ボディ部分はおおむねGRシリーズを踏襲。背面液晶は92万ドットの3.0型。おなじみ電子水準器を備えています。フラッシュ、ビューファインダーは外付・別売。一度に両方を利用することはできません。対応メディアはSD / SDHCカード。ボディ単体では大きさ113.9 x 70.2 x 28.9mm、重さ160gで、レンズ交換ができるという広い意味で世界最小・最軽量を謳っています。単体価格は5万円くらい。

カメラユニットはAPS-Cサイズの50mm単焦点と、1/1.7型の24-72mmズームが同時発売。GR LENS A12 50mm F2.5 MACROという名前の前者は1230万画素のCMOSセンサを採用し、画像処理エンジンはGR ENGINE III。マニュアルフォーカスリングを搭載しています。RAWフォーマット時の連写は最大4コマ/秒。M連写モードなら最大24コマ/秒。1280x720・24fpsの動画撮影にも対応します。重さは263g、ボディと合体すると423g。価格は7万5000円くらいです。

一方、RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VCという名前のズームユニットは1000万画素のCCDを採用し、画像処理エンジンはSmooth Imaging Engine IV。RAWフォーマット時の連写は最大5コマ/秒。M連写モードなら最大30コマ/秒。動画は640x480・30fps。重さは161g、ボディと合体すると325gです。価格は4万円くらい。

カメラユニットのデジタルズームはいずれも4倍まで、感度はISO3200まで、動画形式はAVI。ボディともども、発売は12月上旬の予定です。

Read - プレスリリース

Read - 製品情報



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: grx, ricoh
0シェア
0
0
0

Sponsored Contents