Sponsored Contents

arcadeの最新記事

Image credit:
Save

走るリアル 「アウトラン」 プロジェクト

Ittousai, @Ittousai_ej
2009年11月12日, 午後10:46 in Arcade
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View

抜けるようなセガブルーの空の下、あのココナッツビーチをどこまでも走り抜けてゆきたい......という夢を実現するためかどうかは分かりませんが、アーティスト Garnet Hertz 氏がリアル「OutRun」プロジェクトに取り組んでいます。実現といっても、金髪美女を助手席にフェラーリ・テスタロッサ 的な赤いスポーツカーで西海岸を走るなどという安直な方法を採らないのがアーティストのアーティストたる所以。1986年の原体験をきわめて忠実に再現するため(?)、電動三輪車を組み込んだアーケード筐体をハンドルやシフトノブもそのまま本当に走らせます。

さらに恐ろしいのは、ARやGPS技術を使って実際の道を「アウトラン」化すること。専用に開発した iPhoneアプリを使い、ナビゲーション地図や カメラで撮影した前方の光景から画像認識で消失点を割り出すといった方法で画面は80年代アーケードゲームそのものの疑似3D、でもその通りに走れば正しく現実世界を移動できるという仕掛けです。「カーラジオ」から流れるのはもちろんMAGICAL SOUND SHOWER, SPLASH WAVE, PASSING BREEZE。

続きには「アウトラン化」アプリのテスト映像を掲載。夢を現実にするかわりに現実を夢にするとでもいうべきか、AR技術の行く末が恐ろしくなるプロジェクトです。メガネ型ディスプレイが普及したころには他人がスライムに見えている脳内勇者、人混みが雑兵の群れに見えている脳内武将が社会問題になっているかもしれません。

[Via Autoblog]



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0

Sponsored Contents