Sponsored Contents

darpaの最新記事

Image credit:

DARPAのネットワーク活用コンテスト、MITが「ネズミ講」戦略で勝利

Haruka Ueda
2009年12月7日, 午後03:09 in Darpa
21 シェア
3
2
0
16

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事

ニンテンドースイッチのJoy-Con、特許侵害で提訴。Gameviceが生産および販売停止と損害賠償を求める

ニンテンドースイッチのJoy-Con、特許侵害で提訴。Gameviceが生産および販売停止と損害賠償を求める

View

軍用ロボットからテレパシーまでいろいろな研究を支援しているDARPA(米防衛高等研究計画局)ですが、前身のARPA時代には今日のインターネットの原型となるARPANetを開発しています。そのARPANet誕生40周年を祝し、DARPA Network Challengeというイベントが開催されました。全米10箇所に打ち上げられた全長2m強の赤い風船を、ほかのチームより先にすべて発見することを競うものです。DARPAが提供する賞金は4万ドル。狙いは「時間が重要となるさまざまな問題の解決にあたって必要な時宜を得たコミュニケーション、広範囲でのチーム作り、緊急な動員に、インターネットとソーシャルネットワークがどのような役割を担うかを調べる」ことです。

はたして4000チーム以上が参加する中、5日の午前10時(東海岸時間)に風船が打ち上げられると、その9時間後にはMITのチームがすべての風船の位置を特定してしまいました。MITの基本戦略は情報提供用に特設サイトを設け、風船ごとに正しい位置情報を一番最初に提供してくれた人へ2000ドルを約束するというもの。

面白いのは風船を見つけられない(自分で探す気がない)人も、このコンテストを友人に広めることで賞金獲得の可能性がある点。紹介された友人が正しい位置情報を提供した場合、発見者だけでなく紹介した人にも1000ドルの賞金が与えられます。さらに紹介された友人が知らない場合も、友達の友達が正しい位置情報を提供したら500ドル、友達の友達の友達だったら250ドル......と、「ネットワーク」の別の意味を思い出すような賞金提供方法です。

DARPAはこれからMITチームと会い、作戦の調査を進める予定です。勝因は賞金を餌にとにかく大勢の協力者を集めたことでしょうか。インターネットの果たした役割の大きさを喜ぶべきか、それとも現金の強さを痛感するべきか。自分でひとつも風船を見つけることなく、うまくいけば賞金の半分を獲得し、うまくいかなくても持ち出しは一切ないという本戦略を考えたMITはさすがです。

[via Slashdot]

Read - DAPRAのイベントサイト
Read - MITの特設サイト
Read - BBCの記事
Read - CNNの記事
関連キーワード: darpa, mit
21 シェア
3
2
0
16

Sponsored Contents