Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:

Google Nexus One 実機ギャラリー&動画、インプレッション

Ittousai , @Ittousai_ej
2010年1月3日, 午後01:24 in Android
183 シェア
1
0
153
0
29

連載

注目記事

人気記事


Googleがみずから販売するAndroidスマートフォン Nexus Oneは今月5日・日本時間6日未明のプレスイベントで発表される見込みですが、それはそれとしてEngadgetには実物が届きました。とりあえずは実機の写真ギャラリーと動画ツアー、インプレッションをお届けします。

Nexus Oneについておさらいすれば (不要のかたは続きへゴー)、iPhone 3GSより約1mm薄く5g軽いHTC製のAndroidスマートフォン。画面は3.7インチ 800 x 480解像度の有機EL、プロセッサにCPUコア 1GHzの Qualcomm Snapdragon、RAM 512MB &内蔵フラッシュ 512MBのハイエンド仕様が特徴です。ストレージは32GBまでのmicroSDHCも利用可能。入力インターフェースは静電容量式タッチスクリーンとトラックボール (および側面の電源・音量上下ボタン)。携帯電話としてのネットワークは3GがUMTS I / IV / VIII、およびGSM / EDGE 4バンド。HSDPA 7.2Mbps・HSUPA 2Mbps 最大 5.76Mbps。そのほかLEDフラッシュとAFつき5MPカメラ、802.11 WiFi、Bluetooth 2.1+EDR、内蔵GPSに電子コンパス・加速度計など。

Gallery: Google Nexus One hands-on | 87 Photos



ギャラリーはパッケージの開封と同梱品・セットアップガイドから本体各部、起動中の舐めるような接写まで87枚。下の動画はAndroid 2.1の新UI要素 (左右5画面分のホームスクリーンをナビゲートする「ドット」とサムネール、ずるっと引きだしではなくタッチするとオーバーレイで重なるようになったアイコントレイ etc)、タッチに反応するライブ壁紙、ブラウザやGoogleマップの挙動など。解説と指の出演は本家編集長のJoshua Topolsky。



ファーストインプレッションとしては:
  • 本体は軽く薄く収まりが良い。デザインは(最近の) HTCスタイル。
  • 挙動は非常に速い。アプリの起動やスイッチ、ブラウザやマップは高解像度にもかかわらず滑らかで高速。ホーム画面の切り替えでかすかにひっかかる挙動があったものの、モトローラのハイエンドAndroid端末 Droid (こちらはキーボードつき)より総合的にさらに速い。
  • 有機EL画面は明るく美麗。ただしマルチタッチが(少なくともデフォルトアプリでは) 有効になっていない。Androidにはマルチタッチ対応APIがありハードウェア的にも対応しており、実際に欧州版のDroidなどではマルチタッチが使えることから、米国を含む地域限定でなんらかの問題があるのではないかと考えられる。
  • 新UIでナビゲーションはさらに改善された印象。洗練という意味では iPhoneやPalm Preにまだ及ばないとしても、機能だけでなく仕上げや操作感を向上させる取り組みが感じられる。
  • では、結局 Android端末として革命的な決定版なのか、周辺サービスはともかくスマートフォンとして iPhoneに圧勝なのか?といえば、今のところは「そこまででもない」。挙動はほぼ間違いなくAndroid最速だとしても、従来の高性能端末から劇的に違うほどでもない。OSも現行最新から漸進的な進歩 (2.0.1から2.1)。
といったところ。Googleみずから販売する意図や今後の展開については5日のイベントで明らかになる見込み。ハードウェア・ソフトウェアについては追ってさらに詳しいレビューをお伝えします。


 
新時代スマホ Galaxy S8 降臨祭 Sponsored by Galaxy

 
183 シェア
1
0
153
0
29

Sponsored Contents