Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

動画:6角形ディスプレイを使ったインタラクティブ・ボードゲーム

Haruka Ueda
2010年1月29日, 午後07:00 in Board Game
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

技術が進歩すれば、それを(T)RPGやボードゲームに活用する人間が現れる。自然の摂理です。カナダ・クイーンズ大学のヒューマン・メディア・ラボが、ヘクスマップを利用したインタラクティブ操作が可能なボードゲームを研究しています。「カタンの開拓者たち」の六角形チップを利用しており、チップ同士をくっつける、離す、回転させる、触れる、チップを別のチップに注ぐなどのゲーム操作に応じてインタラクティブな映像を表示するというものです。

映像はプロジェクターで上から投影、チップの移動やジェスチャーはカメラで認識する仕組み。将来的にはチップそのものの電子ペーパー化、有機EL化なども考えられるとのこと。「これは疑いなく未来のボードゲームである」というRoel Vertegaal教授の意見には賛否あるかもしれませんが、「近い将来、コンピュータはあらゆる形状となりえるだろうし、iPhoneのようなディスプレイはすべての製品に搭載されるだろう」そして「こうした自然なユーザインタフェースも実世界のインタラクションに組み込まれるだろう」という見方には、そうあって欲しいと思う方も多いかもしれません。

操作の様子は続きの動画へ。カタンというよりはカルカソンヌ向きに見えます。

[via Switched]




広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents