Sponsored Contents

apple ipadの最新記事

Image credit:

アップル iPad vs アマゾン Kindle 比較リスト

Ittousai , @Ittousai_ej
2010年2月1日, 午前08:18 in Apple Ipad
37 シェア
7
2
0
28

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事

ポケモンGO、逃した伝説のポケモン獲得チャンス。フリーザー・ファイヤー・サンダーにルギアが揃い踏み再登場

ポケモンGO、逃した伝説のポケモン獲得チャンス。フリーザー・ファイヤー・サンダーにルギアが揃い踏み再登場

View
速報:ポケモンGO、ミュウツーは特別な『EXレイド』で解禁。招待状をゲットして挑戦する新システム
9

速報:ポケモンGO、ミュウツーは特別な『EXレイド』で解禁。招待状をゲットして挑戦する新システム

View


大型の iPhone OS採用機として3Dゲームまでこなす iPadですが、発表イベントでもかなり多くの時間が当てられた iBooks デモが示すように電子ブックリーダーとして、さらにいえば Amazon Kindle や他社製電子書籍プラットフォームへの牽制という役割も持っています。ステージでのジョブズは Amazonについて「電子書籍分野の開拓者として」偉大な仕事をしてきた、アップルはその肩の上に乗ると最大限の評価をしているものの、聞きようによっては露払いご苦労、iPadは踏み台より上を行くという表現ともとれます。

といったわけで、 iPadと Kindle (2代目、6インチ版) そして Kindle DX (9.7インチ版) の諸元を比較してみたのが下の表。多芸のひとつとして雑誌・書籍コンテンツもいける iPadとそもそも電子本として生まれてきた Kindleではディスプレイ方式をはじめてとして設計思想に大きな差があり、また iPadについては現時点で不明確な部分もままありますが、そのあたりは下に注釈を付けています。




iPad

Kindle 2

Kindle DX
本体価格
US9~
/ 9~ (3G)
9 9
画面サイズ
9.7インチ 6インチ 9.7インチ
ピクセル数 1024 x 768 800 x 600 1200 x 824
解像度
132 ppi 167 ppi 150 ppi
画面種別
カラー IPS液晶 16階調 E Ink 16階調 E Ink
ストレージ 16GB 2GB 4GB
加速度センサ
(縦横持ち認識)
あり
なし あり
音楽再生 対応 対応 対応
動画再生 対応 非対応 非対応
テキスト読み上げ Unknown 対応
対応
PDF Yes Yes Yes
ePub (対応) 非対応 非対応
Kindle books Yes (Kindle アプリ) Yes Yes
3Gデータ利用料金 月(~250MBまで) ~

無料 無料
WWAN通信方式 GSM + HSDPA (キャリア依存) GSM + EV-DO / HSDPA
(世界対応)
GSM + EV-DO / HSDPA
(世界対応)
重量 680g / 730g (3G)
290g 540g
厚さ 13.4mm 9.1mm
9.7mm
バッテリー 10時間 1週間
1週間

蛇足気味の注釈。まず「動画再生」と「バッテリー」の大きな差として現れているディスプレイ方式の違いについて。iPadはいわゆる普通のカラー液晶ディスプレイ(LEDバックライト) を採用するのに対して、Kindleはほかのの電子ブックリーダーデバイスの多くと同様 E Inkの電子ペーパーを載せています。おさらいすれば、E Inkは画面のリフレッシュが遅くモノクロであるかわりに、電力を消費せず画面を保持できる(書き換え時に消費する) ディスプレイ。E Inkデバイスのバッテリー駆動時間が「時間」ではなくページめくり回数で示されているのはこのため。またバックライトを使用しない反射型であるため、個人差もあるものの画面が発光するデバイスより目が疲れにくく、明るい日光の下で読みやすいのも特性です (逆に暗いと読書灯が必要)。

紙本の後継を発明するというAmazon ベゾズ CEOの意気込みから生まれたKindleはテキストが中心の書籍・新聞には向くもののカラー写真・図版が無理、動画は物理的に不可能という紙置き換え端末です。単機能であるかわりの優位はバッテリーが通常使用で約1週間 ~ 2週間と、 iPad (やスマートフォンやノートPC)とは比較にならないほど持続する点。Kindleは持ち歩けるAmazonでもあるため基本使用料が無料の3Gデータ通信機能を内蔵していますが、こちらをONにした状態の「通常使用」で約一週間が公称の目安となっています。対する iPadは 動画再生やWiFiデータ通信・音楽再生などを使って最大 10時間と、なぜか iPhoneや iPod touchよりも曖昧な表現。

もうひとつ、まだ詳しくは分かっていない電子ブックフォーマットについて。iBooksは「Kindle以外」陣営で標準となりつつある EPUB形式を採用するものの、DRMは iTunes Storeとおなじくアップル独自形式を用いるため、iPadでアップルから書籍を買って別のeリーダーで読むことは基本的にできないと考えられます (他社製のリーダーにアップルがDRMをライセンスしないかぎり)。この点、独自形式であるKindleエディション書籍はアマゾンみずからリーダーソフトウェアを iPhoneや PC向けに提供していることから、Kindleで買った本ならおそらく iPadで読めることになります ( Kindleソフトウェアの iPad対応はまだ確認されていませんが、iPadは基本的には iPhoneソフトウェアが走る)。

素性のかなり違うデバイスにもかかわらずアップルが iBooks端末として推していること、また電子書籍戦争とのからみでなんとなく対決風に語られるiPad と Kindleですが、ウェブ・動画・写真と空き時間読書や調べものに iPad、じっくり読むときに Kindleの組み合わせもありかもしれません。ついでにAndroidスマートフォンやノートPCも併用すればナビゲーションが Flashのサイトに突き当たっても安心です。

37 シェア
7
2
0
28

Sponsored Contents