ジョブズ御聖断支持派やフラッシュイズデッド派、「公式デモでも青いブロックが写ってるのに「本来の」「最高の」ウェブ体験はいいすぎじゃね?」派など諸派入り乱れて騒がしい iPad ( iPhone) の Flash 非対応について。Flash を推進するAdobe側支持者は当然ながら誠に遺憾的コメントを表明していますが、公式のFlash Platform Blogでは非対応の理由についてのよくある推測を挙げてメタな注釈・反論を載せています。要約すると:
  • Flash はオープンではない」― Flashのファイルフォーマットは公開されており、利用に制限はない。アップルは自前のFlash Playerを作ることもできる。Flash Playerのソースコードが必要なら提供する。過去にも他のメーカーに提供してきた。
  • アップルはFlash Playerに金を出したくない」― Appleが iPad や iPhoneにFlash Playerを載せても、 Adobe にも誰にも1円も払う必要はない。Flash Playerはカスタマーに常に無償で提供されてきたし、デバイスメーカーにはOpen Screen Projectを通じてロイヤリティフリーで提供されている。
  • iPad ( iPhone) に Flashなんて嫌だ」― ユーザーの選択の自由は尊重する。どんなデバイスにもFlash Playerを要求するつもりはない。ただ、Flash対応が欲しいユーザーへのオプションとして利用できることを望む。
  • iPad (iPhone) にFlashを載せてもろくに動かない」― 同等あるいはもっと遅いチップを載せたARMアーキテクチャのデバイスでも十分な速度で動いている。Palm Pre や Google Nexus One, Motorola Droid ほかでは Flash Player 10.1ベータが問題なく作動している。

  • HTML5がFlashを置き換える」― 別のオープン技術に注意を逸らすことで、閉じたプラットフォームを正当化しようとする論法。HTML5とFlashはまったく排他ではなく、HTML4とFlashがそうだったようにどちらでも解決できる問題もあれば、それぞれが別の目的を果たす場合もある。たとえばAndroidのように、ひとつのデバイスでHTML5とFlashを両方サポートできる。
など。メインはどちらかというとこの後に続く部分で、乱暴にまとめると「iPadとFlashだけの話ではなく、開発環境を選べない・FirefoxやChromeなどサードパーティーのブラウザも選べない(※ Safari / webkitベースの「ブラウザ」アプリ除く)・30%のアップル税と不透明な審査のApp Store以外にアプリを市場に出す方法がないなど、アップルのモバイルプラットフォームが強く制限されていることで、アプリやビジネスでのイノベーションが阻害されているのが問題」。ジョブズ的に知ったこっちゃあるかはともかく、アップルのプラットフォーム管理のさじ加減はよく語られるテーマです。

一方、ジョブズCEOは恒例の社内ミーティングでこのように語ったと伝えられています:「Flashをサポートしないのはバグが多いから。MacがクラッシュするのはFlashプラグインのせいであることが多い。そのうちFlashは使われなくなりHTML5に移行する」。また Adobeそのものについては、かつてはいい会社だったのにいまは怠惰になった、せっかくの機会をなんども無駄にしてきたetc。複数の出席者が伝えている内容ですが、外部には非公開の席での発言であるため、文脈やニュアンスについては多少異なっていた可能性もあります。

アップルの長期的戦略や現在そして将来のFlashの地位についてはさまざまな見解があるところですが、驚異的で革命的で最高のデバイスでウェブを見ているとき、ナビゲーションやメインコンテンツや飛ばせないイントロアニメ(言語道断)が Flashだった場合、別のデバイスでもう一度開き直すことになるのは確実のようです。

(上の画像は Adobe社員のFlashエバンジェリスト Lee Brimelow氏のTheFlashBlogより (部分)。モックアップ画面のひとつにポルノサイトの例を使っていた(後にAdobeに怒られて取り下げた)こともあり、当該エントリは大漁というか炎上状態です。またFlash Platform Blogはadobe.com上の公式グループBlogではあるものの、「※各筆者の見解は必ずしもAdobe社のそれと一致するわけではありません」と定型の但し書きもついています)。

iPad / iPhoneのFlash非対応について、Adobeとジョブズの言い分
広告

0 コメント

広告