Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

ソニー、アップル対抗の「PS携帯」「ハイブリッドPSP」を開発中

Ittousai, @Ittousai_ej
2010年3月5日, 午前06:41 in Apple
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View


デバイス横断オンラインサービスでアップルに対抗したいソニーの新モバイル製品群の話題。Wall Street Journalによると、ソニーはアップルの iTunes / iPhone / iPad に挑戦すべく「プレイステーション携帯」、およびもうひとつの新ハンドヘルド製品を開発しているとのこと。

WSJの「詳しい筋」いわく、携帯のほうはいわゆるPSPフォンではなく、初代 PSゲームに対応するスマートフォン。新サービス SOSへ接続しゲームをダウンロード購入・プレイできる製品であるとされています。SOSは遭難信号でもConnectでもなく、PSNを発展させた Sony Online Serviceのこと。初代PSは比較的エミュレーションが容易で現行のARMベース スマートフォンでもまともな速度で動いていることから、ソニー (ソニエリ) スマートフォンの目玉コンテンツとしては想像できる話です。

もうひとつはもっと漠然としており、「ネットブックと電子ブックリーダー、PSPの境界をあいまいにする」モバイル製品と表現されています。こちらもおなじくSOSに接続し、音楽・映像やすでにSony Reader向けに提供されている電子ブック、さらにゲームに対応するとのこと。

こちらのデバイスについては、アップルの iPad や iPod touch対抗的な役割は理解できるものの、「ネットブック」や「PSP」という言葉がどのようなニュアンスで使われたのかはよく分かりません。単に携帯メディアデバイスとしてPSPの役割と重なるという意味なのか、文字どおりPSPフォーマットに対応するのか 、だとすれば「ネットブック」や「電子ブックリーダー」もこなすソフトウェア / ハードウェアはどんなものになるのかetc。

PS対応スマートフォンのほうはおそらく年内登場とされている一方、謎のハイブリッドデバイスについては詳細不明。現行PSPのバリエーションから別アーキテクチャのタブレット、あるいはキメラ設計のPSPフォーマット対応製品、あるいは「PSP2」(仮) ベースでゲーム機フォームファクタではない製品まで妄想のしがいがあります。「 iPhone / iPod touch 対抗」との期待を背負わされて苦労した PSP go の例もあり、冷静を装いつつ期待したいところです。(なお、写真は2年ほどまえに予想企画ねたとして雑誌に掲載されたモックアップ。今回のWSJ記事とは関係ありません)。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0

Sponsored Contents