Sponsored Contents

microsoftの最新記事

Image credit:
Save

サンディスクのXbox 360ライセンスUSBメモリ、オンラインストアに掲載

Ittousai, @Ittousai_ej
2010年3月31日, 午後02:09 in Microsoft
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View

公式には5月発売が予告されているサンディスクの Xbox 360用 USBメモリがはやくもゲーム小売り大手 GameStopのオンラインストアで見つかっています。出荷予定日は仮置きっぽい 4月6日 (アップデートと同日)、価格は US$ 39.99。

ひとくちにUSBメモリといっても品質にはピンキリあり、汎用のUSBメモリをXbox 360用にフォーマットする前にはアクセス速度などの確認が必要とされることから、フラッシュメモリの一流ブランド SanDisk から マイクロソフト公認のライセンス商品として登場するからにはそれなりの性能を備えていることが期待されます (「期待できます」とは言い切れませんが)。40ドルという価格についても、高速タイプの一般USBメモリ 16GB品が国内で4000円前後することを考えれば意外に良心て......"XB360 USB Flash Drive 8GB" ?!

......えー。まあ、現行の純正独自規格メモリユニットが 512MB 30ドル / 3150円で売られていることを考えれば、お値段たったの3割増で容量16倍は実にお買い得。ギガ単価にして6000円から500円の劇的な価格破壊です。さらに1か月分のXbox LIVE ゴールド会員権のおまけもついてきます。もともとライセンス品のSDカードやらアクセサリはゲーム売場に置かれてゲーム小売に稼いでもらう役割があり、ディスコンされる旧メモリユニットの代替としてはこの程度の設定ではないでしょうか。

割高なライセンス品でゲーム店舗とマイクロソフトとSanDiskに金を落として応援したいブランドに忠実なユーザー、あるいはフォーマットの手間を差額で買えるなら安いという高所得のかたにお薦めです。厳しい消費者としてメーカーを鍛えたいかたは汎用品を買って自前でフォーマットしてください。

追記:16GB版は69.99ドル。

Crave



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: microsoft, sandisk, xbox 360, xbox live, Xbox360, XboxLive
0シェア
0
0
0

Sponsored Contents