Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

ソニー、他社設計ノートをVAIOブランドで販売へ

Ittousai , @Ittousai_ej
2010年4月16日, 午後04:43
46 シェア
0
0
35
0
11

連載

注目記事

人気記事


ソニーの VAIOノートといえば P や X のように尖った機種から万人向けまで幅広いラインナップを展開していますが、今後は内製に加えて他社製ノートの VAIO ブランド販売を開始します。リンク先 PC Pro のインタビューに答えたソニー VAIO事業本部 副本部長 赤羽良介 氏によると、VAIO ノートは 従来どおりソニーが設計する "division one" 製品と、他社が設計・製造する "division two" 製品の1ブランド2部編成に移行するとのこと。目的は他社の合併といった手段をとらずさらにシェアを拡大するため。

division one 製品は従来どおり先進技術を盛り込み、技術が普及したところでone での経験を活かし division two 製品につなげてゆくという違いがあるものの、他社設計・製造の " 二部 " VAIO であってもデザインはソニーが審査をおこない、「VAIO のテイストとスタイル」を維持すると説明されています。たとえばデルの Inspiron と XPS のようにブランドを分割する戦略については、社内で検討したものの、VAIOブランドのアイデンティティ確立のために分散は好ましくないとの判断から採用せず。

「他社デザインの製品にVAIOブランドを付けて売る」といえばなにか大きな変化のようにも聞こえますが、コモディティ化の激しい普及型ノートでは差別化も難しく、またネットブックなどでは個性を出そうにも難しい状況がありました。一般コンシューマーが D1 VAIO なのか D2 VAIO なのか意識することはあまりなさそうですが、ODM製でも「VAIOテイスト」な製品に期待したいところです。上は「美しいVAIOならではのデザインです」なアイソレーションキーボードを止めて安くした新ネットブックVA IO M。
46 シェア
0
0
35
0
11

Sponsored Contents