母艦依存のでかい iPod touch と独り立ちできる新時代のコンピューティングデバイスのあいだで揺れる iPad の周辺機器 Camera Connectiion Kit をさらに活用する話題。ドックコネクタに接続するUSBポートアダプタとSDスロットアダプタのセットである カメラ接続キットは意外にもUSBキーボードが使えた、USBヘッドセットで Skype通話もできたとの報告がありましたが、写真転送やUSB I / O 機器だけでなく外付けストレージを使うハックが公開されています。

リンク先でMaxwell C. Shay氏が解説するのは、iPadにカメラ接続キットのUSBポートを介して外付けHDDを接続、アプリケーションから任意のファイルを読み書きする方法。例として使われている Good Reader のように、独自のファイル保存領域をもつアプリから外部HDDが見えるようになります。

ただし条件と手順はかなりハードルが高く、まず iPad を " Spirit " でJailbreak したのち、OpenSSH や ファイルブラウザ iFile を導入、さらに外部からターミナル経由で iPadにログインして設定を書き換える必要があります。また運用上の問題として、iPadのUSB給電では動かないストレージ(HDDとか) の場合は別にケーブルを用意する必要もあり。現状では iPadを「本物のコンピュータ」として使い倒したい、いざというとき(?)のため iPad単体の対処能力を向上させたい etc といった逸般的用途のための参考資料です。もう少し整備されれば、クラウドにないファイルのやりとりが旧時代のモバイル機器程度に楽になるかもしれません。


脱獄 iPad + カメラ接続キットで外付けHDD対応

0 コメント