iPad発売と前後して、電子書籍アプリiBooksが国内のApp Storeで公開されています。当初は米国版ウェブサイトと国内版ウェブサイトを比較して、iPadの「特長」からiBooksだけ外されていたため、iBooksアプリさえ提供されないのではないかという見方もありましたが、とりあえずその事態は免れました。現在では国内版ウェブサイトでもiBooksの記述が追記されています。iBooksアプリは無料。米国版と同じく「クマのプーさん」(英語版)が付属します。

一方、iBooksと対をなす電子書籍ストアiBookstoreについては、期待される「日本語の本が読める日本のストア」はまだ提供されず。サービス開始は年内、ということになるのでしょうか?
iBooksが国内でも公開、iBookstoreは開店休業

0 コメント