長らくうわさになっていた Eee Pad をAsusが正式発表しました。うたい文句は「リアルタイムクラウドコンピューティング体験を提供する超薄型・軽量かつ高性能スレート型デバイス」。Eee Pad は 12インチのEP121と、より軽量な10インチ版 Eee Pad EP101TCの2モデルが用意されます。

EP121の主な仕様は 12型タッチディスプレイ、CULV Core 2 Duo プロセッサ、Windows 7 Home Premium、ウェブカメラ、SDカードスロット、USBポート、最大10時間駆動。入力にはソフトキーボードのほか、「ドック / キーボードのハイブリッド」アクセサリが提供される予定。つまり薄型 CULV ノートからキーボードを除いたような構成です。小さい方の EP101TC はデスクトップ版のWindows 7ではなく、Windows Embedded Compact 7を採用することのほか詳細不明。

Asusによると、Eee Padの予価は米ドルで$399 ~ 449。フル Windows 7 で10時間駆動の12型タブレットPCが400ドルはネットブックの価格破壊を考えても魅力的です。ただし、発売は今のところ2011年第1四半期の予定。

追記:発表プレゼンのギャラリーを追加。

Asus Eee Pad presentation

すべての写真を見る

25 枚


Asus Eee Pad 発表、Core 2 Duo + Windows 7で10時間駆動
広告

0 コメント

広告