Flashを捨てる端末があれば、なんとか拾いあげようとするのが挑戦者というものです。Chris Smoakさんが開発中のSmokescreenは、Flashを分解してHTML5+JavaScriptで再構築するライブラリ。具体的にはフラッシュのswfファイルを読み込み、中にあるスクリプトデータをJavaScriptに変換、画像データと音声データも抽出し、HTML5として再構成してウェブページ内にロードするという荒技にもほどがあるつくりです。

Smokescreen自身はJavaScriptで構成されていますので、利用するにはウェブページ側でSmokescreenを読みこむよう準備しておくだけ。ユーザ側で特別な準備は不要ですし、アプリではないのでApp Store検閲の心配もありません。残念ながらまだ変換できるのは限定的な機能に留まっていますが、たとえばリンク先にあるようなバナー広告のデモは、モダンなブラウザ(Firefox / Safari / Opera / Google Chromeの各最新版など)であれば問題なく変換・動作できます。

FlashをHTML5+JavaScriptとして読みこめるメリットは、Flashプラグインのない端末でもFlashファイルが読みこめること。もちろんiPhone / iPad / iPod touchのことです。Flashの機能がHTML5とJavaScriptで実現できるというのがAdobeにとって朗報なのかは微妙なところですが、Flash規格はオープンと繰り返してきた同社にとっては本望ではないでしょうか。続きには動画デモ。お使いのブラウザがモダンであれば、リンク先でも確認できます。



動画:FlashをHTML5に自動変換するSmokescreen、iPadでも動作
広告

0 コメント

広告