Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:

Android 携帯ゲーム機 ODROID-S 予約受付中、1GHz CPUコア採用

Ittousai , @Ittousai_ej
2010年6月11日, 午前02:57 in Android
39 シェア
3
2
27
0
7

連載

注目記事

人気記事

速報:スーパーファミコン(SNES)ミニ海外発表。幻の未発売作『スターフォックス2』を初収録!🦊

速報:スーパーファミコン(SNES)ミニ海外発表。幻の未発売作『スターフォックス2』を初収録!🦊

View

Android 携帯ゲーム機 ODROID に最新モデル ODROID-S が登場します。Hardkernal社の ODROIDはスマートフォンに使われるアプリケーションプロセッサを心臓部に、3.5型 HVGA タッチディスプレイとゲーム向けボタンを多数備えたAndroidデバイス。ゲーム向きの加速度センサ や ミニHDMI 出力のほか電子コンパス、 WiFi 、Bluetooth、内蔵マイクにスピーカー、携帯電話にはあまりないフルサイズSDHC スロットなどを備え、主にアプリ開発者をターゲットとしてデバッグボードや資料も提供されているオープン開発製品です。

今回登場したODROID-Sは、昨年のODROIDと同等の筐体のまま中身がパワーアップしたバージョン。仕様はプロセッサにサムスンのS5PC110 (1GHz Cortex-A8 CPUコア)、グラフィックはSGX540、512MB RAM、512MB フラッシュメモリ、システム用microSDスロットなど。H.264 + AACの1080p動画再生や20Mトライアングル / 秒の3D描画もこなします。本体重量は変わらず160g (1300mAhバッテリー含む)。システムはAndroid 2.1 "Eclair"。

国内ではODROIDに続いてレッドスターが直販で扱っており、価格は本体とバッテリー2個、ケーブルやSDHCカードなどが付属する「量産型」が3万4800円。デバッグボードや回路図も付属する「開発者型」が4万4800円。6月11日より予約受付・出荷は7月10日「以降」。続きにはプロセッサの威力が分かる3Dゲーム Raging Thunder 2 のデモ動画を掲載します。

関連キーワード: android, hardkernel, odroid, redstar
39 シェア
3
2
27
0
7

Sponsored Contents