Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

iPhone 4 の感度問題はソフトウェアが原因、修正予定(アップル)

Ittousai, @Ittousai_ej
2010年7月3日, 午前01:49 in Apple
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

iPhone 4 の受信感度問題について、アップルが調査結果と原因を発表しました。問題は本体左下側面の黒い線をまたぐように握ると感度が落ちる、場合によってはアンテナ表示が数本から圏外に落ちる現象。これまでの公式見解は「特定部分を握ると感度が落ちるのはどの携帯でも変わらない」「そのような持ち方を避けるかケースを使えば問題を軽減できる」でした。新たに発表された長文の「アップルから iPhone 4 ユーザーへの手紙」は、問題(の一部) がソフトウェアに起因するものだったという内容です。(体裁はいつもの「ジョブズから」ではなく「アップルから」。下の要約と引用部分は勝手訳。原文は続きに掲載)。

まず iPhone 4が非常に好評であること、受信感度についての報告を得てから直ちに調査したこと、また前提としてどの携帯電話でも特定の持ち方で感度が落ちるのは避けられないとしたうえで、
「しかし一部のユーザーから、iPhone 4 は左下側面を覆うように握った場合、アンテナ表示が4本か5本落ちるとの報告がありました。これは通常よりはるかに大きく、結果として一部からは、iPhone 4のアンテナ設計に不備があるとの非難を受けるに至りました」
しかし同時に、iPhone 4のアンテナ感度そのものは3GSよりも改善したという報告も多数受けており、これはアップルの予測とも試験結果とも一致している。ではなぜ上記のような問題が起きるのか?は、
調査の結果、iPhone 4が何本の電波強度バーを表示するかを求めるために用いている計算式がまったく間違っていたことが分かり、衝撃を受けました。われわれが用いてきた式は、多くの状況で、正しい電波強度から本来表示すべき本数よりも2本多く表示していました。たとえば、本来は2本の表示が正しい場合に4本を表示していたのです。特定の持ち方でiPhone 4 握った場合にアンテナ表示が数本落ちる現象を経験したユーザーは、おそらくもともと非常に電波の弱い環境にいながら、われわれが誤って4本や5本を表示していたために気付かなかった場合が多いと考えられます。アンテナ表示が大きく落ちる現象は本数が多く表示されていたためで、そもそも現実には存在していなかったのです。
対策として、本来の電波強度を表示するためにAT&T (米国の独占 iPhone キャリア)が推奨する新しい計算式を導入する。これにより実際の電波状況は変わらないが、iPhone 4の表示はより正確になる。さらに1, 2, 3本目をやや高く表示することで、本数を見やすくする。と続きます。

さらに、この問題は初代 iPhone から存在していたもので、数週間以内に初代iPhone, iPhone 3G, iPhone 3GS、iPhone 4 向けに無償のソフトウェアアップデートを提供して対応するとしています。
あらゆる点を改めて試験した結果、iPhone 4はこれまでわれわれが出荷したなかでも最高の無線性能を持っていることが改めて確認できました。感度の問題を経験していない圧倒的多数のユーザーからすれば、このソフトウェアアップデートは本数をより正確にするものにすぎません。問題を懸念していたユーザーに対しては、われわれが原因で与えたかもしれない不安に対してお詫びします。
(満足できない場合は、30日以内で傷をつけていないなら全額返金に応じること(米国)を挟んで)
あなたがわれわれと同じくらい iPhone 4を気に入ってくれることを祈ります。
Thank you for your patience and support.

Apple
......。iPhoneでのアンテナ本数表示を修正するアップデートは以前にもあり、また iPhone 4が総合的に3GSより感度が良いまたは変わらないという主張も多くの報告と一致するところです。ただ今回の、アップルみずから「驚いた」を連発する「ソフトウェア上の問題」「計算式の問題」は表示されている本数が大きく落ちる場合を説明しているものの、握り方で実際に感度が落ちる、場合によっては圏外になる現象はまったく否定していません。つまり今回の説明で修正されるのは、「感度問題」というより「大きく落ちる場合の表示問題」のみ。さらにいえば、3GSより感度が改善したという「多数の報告」のうち、どの程度が実際の改善 (圏外にならなくなった、通話が途切れなくなった)なのか、アップルのミスによる見かけ上のアンテナ本数から得た印象なのかも気になるところです。

Letter from Apple Regarding iPhone 4

Dear iPhone 4 Users,

The iPhone 4 has been the most successful product launch in Apple's history. It has been judged by reviewers around the world to be the best smartphone ever, and users have told us that they love it. So we were surprised when we read reports of reception problems, and we immediately began investigating them. Here is what we have learned.

To start with, gripping almost any mobile phone in certain ways will reduce its reception by 1 or more bars. This is true of iPhone 4, iPhone 3GS, as well as many Droid, Nokia and RIM phones. But some users have reported that iPhone 4 can drop 4 or 5 bars when tightly held in a way which covers the black strip in the lower left corner of the metal band. This is a far bigger drop than normal, and as a result some have accused the iPhone 4 of having a faulty antenna design.

At the same time, we continue to read articles and receive hundreds of emails from users saying that iPhone 4 reception is better than the iPhone 3GS. They are delighted. This matches our own experience and testing. What can explain all of this?

We have discovered the cause of this dramatic drop in bars, and it is both simple and surprising.

Upon investigation, we were stunned to find that the formula we use to calculate how many bars of signal strength to display is totally wrong. Our formula, in many instances, mistakenly displays 2 more bars than it should for a given signal strength. For example, we sometimes display 4 bars when we should be displaying as few as 2 bars. Users observing a drop of several bars when they grip their iPhone in a certain way are most likely in an area with very weak signal strength, but they don't know it because we are erroneously displaying 4 or 5 bars. Their big drop in bars is because their high bars were never real in the first place.

To fix this, we are adopting AT&T's recently recommended formula for calculating how many bars to display for a given signal strength. The real signal strength remains the same, but the iPhone's bars will report it far more accurately, providing users a much better indication of the reception they will get in a given area. We are also making bars 1, 2 and 3 a bit taller so they will be easier to see.

We will issue a free software update within a few weeks that incorporates the corrected formula. Since this mistake has been present since the original iPhone, this software update will also be available for the iPhone 3GS and iPhone 3G.

We have gone back to our labs and retested everything, and the results are the same- the iPhone 4's wireless performance is the best we have ever shipped. For the vast majority of users who have not been troubled by this issue, this software update will only make your bars more accurate. For those who have had concerns, we apologize for any anxiety we may have caused.

As a reminder, if you are not fully satisfied, you can return your undamaged iPhone to any Apple Retail Store or the online Apple Store within 30 days of purchase for a full refund.

We hope you love the iPhone 4 as much as we do.

Thank you for your patience and support.

Apple




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: apple, iphone, iphone 4, Iphone4
0シェア
0
0
0

Sponsored Contents