Sponsored Contents

bikeの最新記事

Image credit:
Save

ヤマハの電動バイク EC-03、プラグイン形式で25万2000円

Haruka Ueda
2010年7月15日, 午前11:00 in Bike
11シェア
0
1
0
10

連載

注目記事

人気記事

IQOSホルダーに直結して充電できるマグネットアダプターを発見!:電脳オルタナティヴ

IQOSホルダーに直結して充電できるマグネットアダプターを発見!:電脳オルタナティヴ

View

ヤマハ発動機がエレクトリック コミューターこと電動バイク EC-03 を発表しました。同社はPassolやEC-02などで電動バイク市場を開拓しながら、バッテリーのリコール問題を機にしばらく撤退していましたが、このたび本製品によりカムバックということになります。

電動バイクといえば、まず気になるのが走行距離。EC-03では新開発のリチウムイオンバッテリーを搭載しており、一回の充電で走行可能な距離が43kmとなりました(時速30kmの場合)。充電時間は6時間。またバッテリーは家庭用コンセントで充電できるプラグイン形式で、充電コストは一充電あたり約18円。そのほかの特長は、発進時から低速走行時のトルク特性が向上した新モーター & コントロールユニット、グリップ一体式電子スロットル、暗証番号入力による盗難抑止装置、デジタル液晶メーター、ポップアップ式シートロック、ワイヤー式ヘルメットホルダー、コンビニフックなど。

大きさは「高層住宅の一般的なエレベータにも乗せられる」という1565 x 600 x 990 mm。軽量アルミ合金製フレーム採用により、重さは56kgです。カラーはホワイト、またはちょっと命名規則がどうかと思う「ベリーダークオレンジメタリック1(ブラウン)」。首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城、山梨)では9月1日、全国では10月1日の発売です。残念ながら価格もEC-02より高くなって25万2000円。ただ国の補助金制度を利用することもできます。
関連キーワード: bike, ec-03, electric bike, ElectricBike, yamaha
11シェア
0
1
0
10

Sponsored Contents