Sponsored Contents

alertの最新記事

Image credit:
Save

動画:Logitech、HD監視カメラ Alert を発表。300ドルから

Haruka Ueda
2010年8月4日, 午後01:15 in Alert
1シェア
0
1
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 12 時間前
View

ネットワークごしに見られる監視カメラ見守りカメラが手頃な価格で入手できるようになった今日このごろ、ウェブカメラ最大手のLogitechもこの分野に本格参入します。ブランド名はLogitech Alert。カメラ用にコンセントを確保し、家庭・オフィスのEthernetポートに独自の無線アダプタを接続するだけで、LAN内のPCから映像を確認できるというお手軽設定です。Ethernetとは有線接続も可能。動画は720p画質。iPhone / BlackBerry / Android向けアプリも無償で公開されており、スマートフォンから映像が確認できます。

Alertには屋内用の750iセットと屋外用の750eセットがあり、屋外用は防水設計・暗視機能付きの上位仕様です。録画データはカメラ内のmicroSDに保存されるかたちで、セットには2GBカードが同梱。動きを感知したときだけ録画することにより、Logitechいわく2GBで約1週間ぶんデータを保存可能とのこと。管理用PCが起動したとき、カメラ内のデータを自動的にPCへダウンロードして削除し、空き容量を確保するという気の利いた機能もあります。そのほか動き検知時にメールで知らせる機能、監視範囲を設定して誤検知を防ぐ機能など。

価格は屋内用の750iセットが299.99ドル、屋外用の750eセットが349.99ドル。カメラは最大6台まで増設可能で、増設カメラは屋内用が229.99ドル、屋外用は279.99ドルで販売されます。前述のとおりLAN内のPCやスマートフォンからはそのまま視聴できますが、LAN外のPCから視聴・操作するためには別途年間79.99ドルのLogitech Alert Web and Mobile Commanderオプション契約が必要。米国では今月発売予定です。続きに、さっそく撮影してみた動画を掲載。人を検知しつつ、後ろを走る車はスルーしています。






「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

1シェア
0
1
0

Sponsored Contents