Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

ASUSのタブレットは Eee Pad 三機種+ Eee Tablet、すべてOS違い

Ittousai, @Ittousai_ej
2010年8月14日, 午後07:00 in Android
1シェア
0
1
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

Asus のタブレット製品 Eee Pad + Eee Tablet に続報がありました。CEO 沈振來 氏が第2四半期決算報告の際に語ったもので、今年の10月から来年3月にかけて出荷される タブレット型製品 4機種のステータスを更新する内容です。それぞれ価格帯もターゲットも異なる4製品を発売順に並べると、


Eee Tablet (10月、予価300ドル前後)
画面は8インチ 1024 x 768ピクセルのモノクロ64階調液晶、バックライトなし。OSは独自のLinuxベース (Android や汎用ディストロではない)。電子ブックリーダー・手書きノート・ウェブブラウザの3機能を主とする学生向け製品。電子ブックリーダーとしては、E Inkではないものの読書に向いたバックライトなし液晶を採用。バッテリーは約10時間。手書きはスタイラスを使う。ブラウザは内蔵のWiFi 接続を利用。板書や資料を取り込むための2Mピクセルカメラおよび音声録音機能も備える。ストレージは内蔵2GBおよびmicroSDスロット。iPadのような汎用タブレットとの誤認を避けるため、「Eee Note」に改称する可能性あり。

Eee Pad EP121 (12月から1月、予価1000ドル前後)
12インチ画面の「大きいほうのEee Pad」。Core 2 Duo プロセッサでWindows 7 Home Premium が動くタブレット / スレートPC。単体で使えるタブレット本体と、合体して通常の 12インチノートのように使えるキーボードドックからなる製品。

Eee Pad
(来年1月、399 ~ 499ドル前後)
10インチ画面の「ちいさいほうの Eee Pad」その1。Computexで発表された際の型番は Eee Pad EP101TC。インテルではなくARM系の NVIDIA Tegra プロセッサ + Windows Embedded Compact 7。6月にはOSをAndroidに変更し Windows Embedded Compact 7 版はキャンセルという話もありましたが、現時点では製品化計画に入っているようです。

Eee Pad (来年3月、399ドル以下)
こちらは今回正式に存在が確認された Android採用製品。Asus 初のAndroid採用タブレットとなり、発売は来年3月を予定。価格が 399ドルより下であること以外の詳細は未公表。おそらくは「ちいさいほう」のOSを変更した製品になると思われますが、Androidのバージョン( Froyo か 3.0 Gingerbreadか)、具体的なハードウェア構成などはまださっぱり分かりません。





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

1シェア
0
1
0

Sponsored Contents