人事情報から企業の未来を読みとくコーナー。今回はアップルのモバイルコマース担当プロダクトマネージャーにBenjamin Vigier氏が就任した話です。Vigier氏はNFC(Near Field Communication = 近距離無線通信)の専門家。これまではmFoundryというモバイルペイメントをあつかう企業で、PayPal MobileやSprint MyMoneyManagerといったケータイおさいふ系サービスや、スターバックスでiPhoneとバーコードを使って支払いを行うサービス、携帯キャリアや銀行向けの支払いサービスなどを手がけていました(以上、ご本人のLinkedIn情報より)。これからiPhoneにNFCサービスを加えるつもりなら、アップルにとってうってつけの人材になります。

他方、Near Field Communication Worldによれば、このところアップルによるNFCまわりの特許出願が次々と明らかになっているとのこと。モバイル端末を使った支払いサービスはもちろん、端末がクーポンがわりになるとか、飛行機のチケットがわりになるとか、スマートフォン後進国ではわりと日常的に耳にする類のサービスが記述されています。iPhone 4ではテレビ電話対応が大きなトピックとなり国内ケータイの着眼点の良さが大いに証明されましたが、今度はおサイフケータイが本歌取りされるのかもしれません。

MacRumors
source Near Field Communications World, Benjamin Vigier (LinkedIn)