欧ソニーが「Ultimate Weapon」とものものしい名前でゲーマー向けバーチャルサラウンドヘッドセットを発表しています。上位のDR-GA500 は外付けのデコーダ / プロセッサボックスと有線接続する形式で、多チャンネルソースやDolby Pro Logic IIx ソースをソニーの Virtual Phones Technology (VPT) で仮想 7.1ch 3D サラウンドに変換することが可能。入力はアナログ (7.1ch) および USBで、基本的にはPCゲーマー向けの製品です。デコーダ側には「FPSモード」の on / off および Compression on / off を、ヘッドセット側にはボリュームとマイクミュートボタンを備えます。

ヘッドセット側は40mm径ドライバユニットとブームマイク、「triple enfolding」構造で長時間セッションにも耐える装着感が特徴。下位製品のDR-GA200にはデコーダボックスがなく、アナログのデュアルプラグで接続するいわゆる普通の有線ヘッドセットです。価格・発売時期は未公開。ただし10月15日からゲーム Medal Of Honor のシングルプレイ版が付属するプロモーションが予告されており、すくなくともその時期には出荷されていると思われます。続きはデコーダボックスの写真。


ソニーからゲーマー向け「究極兵器」ヘッドセット DR-GA500
広告

0 コメント

広告