KORG DS-10 の開発スタッフが、ふたたびKORG製電子楽器のDSソフト化に挑みます。今回のターゲットは1988年のデジタルシンセ / ミュージック・ワークステーション M1。というわけでソフト名はKORG M01。M1の全PCM波形データを収録するのはもちろん、新しい音色も含め合計で300以上の音色が利用できます。DS-10やカオシレータと同様、タッチ・コントロール入力(DS-10でいうカオスモード)にも対応。今回もAmazon.co.jp限定販売となり、価格は5980円。12月の発売予定となっています(Amazon.co.jpは12月31日発売と表記)。

なおDS-10はKORGとAQインタラクティブの共同開発というかたちでしたが、今回はDS-10の開発スタッフ(aka Trio The DS-10)が新しく立ち上げた株式会社DETUNEとKORGによる共同開発。DETUNE公式ブログでは「DS-10は音作りが中心だったのに対し、M01は曲作りを中心に楽しめるソフト」と紹介されています。詳細は本日20時よりロフトプラスワンで開催される「株式会社DETUNE 会社説明会(?)」で発表される予定。すでに前売り券は完売ながら、当日券あり、Ustreamでの中継も行われるとのこと。Engadgetもイベント潜入の予定です。