ハードウェア面ではHDDモデルを廃して「すべてがフラッシュに」なった新 MacBook Air ですが、ソフトウェア面では「Flashなし」になりました。従来のMacBookには含まれていたFlash プラグインは同梱されておらず、Safari で Flashありページを開いても空白と「プラグインが見つかりません」の文字だけ。「ここをクリックしてFlashをインストール」すらありません。

今回のイベントのテーマは iOS から Macへの還元 (Back to the Mac )。基調講演では新 MacBook Air を「MacBook meets iPad」と表現していましたが、Flashのあるページに穴が空くところまで iPadから取り入れています。(ただし、iPad の SafariではFlashがあるとまったくなにも表示しない空白になる(青いブロックすら表示しない) のに対して、MacBook Air では「Missing Plug-in / プラグインが見つかりません」が表示される)。Flashコンテンツを見たい場合は自分でプラグインをインストールするか、Flashを最初から同梱するChromeブラウザなどを使う必要があります。

iPhone への Flash非搭載にはじまりジョブズCEOによるFlash公開破門状、開発者規約の「Flash外し」と再改定騒ぎなど、延々と続くアップルと Adobe の確執は従来からお伝えしているとおり。先日の決算説明会質疑応答では「Flashに対するスタンスに変化は?」と聞かれたジョブズCEOが「フラッシュメモリなら大好きだよ」と笑い飛ばすなどもはやコメントもしたくないといった態度でしたが、「Flashは過去の技術」との主張をみずから加速すべく、従来は載せていたノート製品へのプリインストールすら許さないスタンスのようです。なお、新 MacBook Air にFlashプラグインをインストールして試したところ、720p HDストリーミング動画でもなんの問題もなく表示可能です。(1080p で試していないのは回線が混んでいたから)。

新 MacBook Air は Flash 非搭載、要自前インストール
広告

0 コメント

広告