東芝がスティックタイプの薄型 SSDモジュール「Blade X-gale」を発表しました。モバイルノート向けに薄型化を図った製品で、厚みは従来の薄型 mSATAタイプよりさらに42%薄い2.2mm (64GB・128GB)、256GB で3.7mm。 東芝製SSD最薄をうたっています。インターフェースはSATA2.6 (3Gbps)、最大転送速度はリード220MB / 秒・ライト180MB / 秒、容量は64GB・128GBおよび「生産時に基板反りを抑えることでSSDモジュールの反りを抑制し、両面実装を行うことで」実現した256GB。SSDの容量が最大256GBで薄型のノートといえばいま話題の 新 MacBook Air が思い浮かびますが、iFixit の分解で見つかっていた東芝製SSD ( THNSNC064GMDJ) がつまりこの Blade X-galeです。