ついに日本でもAmazon MP3がはじまりました。Amazon MP3はご存知アマゾンがDRMフリーのMP3ファイルを販売するサービス。MP3形式・DRMなしなので、iPod、ウォークマン、各種スマートフォンなど大半の音楽プレーヤーで再生可能な点は、iTunesなど他の音楽配信サービスにない強みです(たとえばiTunes PlusはDRMフリーですが、AAC形式)。加えて、アートワークが最初から埋め込まれていたり、ダウンローダーがiTunesと連携したりといったおもてなし感もあり。

価格はシングルが150円から250円程度。アルバムは思わず「おっ」と言いたくなる700円のものもありますが、基本的には1500円、2000円程度。なんだかCDで買ったほうが安いけど、いまさらリッピングするのも面倒、という手間賃の問題になってきました。米国ではシングルが1ドル、アルバムが5-10ドル程度であることを考えると、もうすこし頑張って欲しかった気もします。

なお、肝心の提供曲は邦楽・洋楽合わせて1100万曲以上。「日本最大のDRMフリー音楽配信」を謳っており、十分かどうかは趣味嗜好次第ですが、今時のヒット曲はなんでも見つかる、というような状況ではまだありません。一部には無料で提供されている曲もあり、現在のベストセラーランキングは無料の「経済ラップ」、ノラ・ジョーンズ、カイリー・ミノーグ、宇多田ヒカル、ドビュッシー、ピンク・フロイド、ブラームス、ソニー・クラーク、チェット・ベイカー、ペット・ショップ・ボーイズと、かなりカオスです。次はいよいよKindle日本版ですかね。

日本版Amazon MP3がスタート、DRMフリーのMP3を1100万曲以上とりあつかい
広告

0 コメント

広告