ZuneビデオAmazon MP3に続いて、にわかに国内のデジタルコンテンツ産業があわただしくなってきました。アップルが日本のiTunes Storeでも映画のレンタルと販売を開始します。コンテンツパートナーは国外から20世紀フォックス、パラマウント・ピクチャーズ、ウォルト・ディズニー・スタジオ、ワーナー・ブラザース、ユニバーサル・ピクチャーズ、国内からアスミック・エース・エンターテインメント、フジテレビ、角川映画、日活、松竹、東映。1000本以上の作品をとりあつかいます。

コンテンツの価格はHD映画(720p)の販売が新作2500円、旧作・準新作が2000円。SD画質だと新作2000円、準新作1500円、旧作1000円。レンタルはHDが新作500円、旧作300円から。SDだと新作400円、旧作200円から。レンタルの制限は、注文後30日以内に視聴すること、視聴開始後48時間以内に観終えること。期間中であれば何回でも観られます。

同時に新Apple TVの国内販売も決定しました。発売日は「今週中」で、お値段8800円。仕様については発表記事をどうぞ。

国内iTunes Storeが映画の販売・レンタル開始、新Apple TVは8800円で今週発売
広告

0 コメント

広告