Sponsored Contents

featuredの最新記事

Image credit:

ソニーが電子書籍端末「リーダー」2モデルを発表、12月10日発売

Haruka Ueda
2010年11月25日, 午後03:00 in Featured
20 シェア
10
0
0
10

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

ポケモンGOで秋分イベント。スーパーふかそうち追加、すな2倍と2kmタマゴ確変など。9月23日から

ポケモンGOで秋分イベント。スーパーふかそうち追加、すな2倍と2kmタマゴ確変など。9月23日から

View

ソニーが電子書籍端末「リーダー」の日本語対応モデルを発表しました。Pocket Edition(写真左)とTouch Edition(写真右)の2モデルです。すでに海外で展開中の「リーダー」はAmazon Kindleの最新モデルと同じ電子ペーパー E INK Pearl を採用した読書専用端末。解像度はどちらも600x800で、これまたKindleと同じ。ディスプレイサイズはTouch EditionがKindleと同じ6インチで、Pocket Editionが一回り小さい5インチになります。内蔵メモリはいずれも2GBです(空きは1.4GB、1400冊分、発表会の表現では38年ぶん)。

Kindleにない要素は、両モデルともタッチスクリーンを採用すること。歴史的経緯があってややこしいのですが、発表されたモデルではTouchもPocketもタッチで操作できます。さらにTouch EditionはSDカード / メモリースティックDuo スロットも搭載。反面、3G / WiFiといった通信機能はなく、書籍を読むためには、PCからマイクロUSBで転送するという手間が必要です。PC側の対応OSはWindows 7 / Vista / XP。Macの名前はありません。

日本独自仕様となるのは、対応フォーマットの部分。EPUB 2.0、PDFといったグローバル仕様だけでなく、XMDFにも対応しています。もちろん、縦書き表示も可能。辞書には英和辞典(ジーニアス英和辞典 第四版)と英英辞典(New Oxford American Dictionary Second Edition)を内蔵。そのほか音楽ファイル(MP3 / AAC)や画像ファイル(JPEG / GIF / PNG / BMP)も再生できます。

バッテリーの持ちは連続1万ページ切り替えぶん、典型的な読書パターンで2週間ぶん。重さはPocket Editionが155g、Touch Editionが215gで、Kindleより軽量です。市場推定価格はPocket Editionが2万円、Touch Editionが2万5000円。発売は12月10日。専用アクセサリにはライト付きブックカバー(5985円)、ライトなしブックカバー(3675円)、ソフトキャリングケース(2940円)。実機の雰囲気については、英語版のギャラリー & 動画をどうぞ。ちなみに、海外で投入されている7型のDaily Editionは発表されていません。そういえば、iPhone & Androidアプリの話もありませんでした。

また、2万冊以上をとりあつかう書籍ストアReader Storeも同時に発表されています。こちらも12月10日スタート。クレジットカードのほか、ソニーポイントでも決済可能です。ただしラインナップはごく一部が発表された以外いまだ不透明で、価格も不明。LIBRIeの屍を乗り越えていくためには、なんとしても充実が求められるところです。ちなみにほぼ同時開店となるシャープの「TSUTAYA GALAPAGOS」は書籍3万点からスタートの予定。Amazon Kindleは米国だと60万点以上を取り扱い中です。
関連キーワード: featured, features, reader, sony, sony reader, SonyReader
20 シェア
10
0
0
10

Sponsored Contents