Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

Android版ATOK試用版、ドコモ端末向けに無料公開中

Haruka Ueda
2010年11月26日, 午後07:00 in Android
15シェア
2
0
0
13

連載

注目記事

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

View

人気記事

2.45インチ画面の極小スマホ「Unihertz Jelly Pro」国内版ファーストインプレ。技適あり、国内MVNOのAPNも登録済み

2.45インチ画面の極小スマホ「Unihertz Jelly Pro」国内版ファーストインプレ。技適あり、国内MVNOのAPNも登録済み

View

ジャストシステムがAndroid版ATOKの試用版を公開しました。大人の事情でアプリ形式になったiPhone版とは異なり、ふつうに日本語入力システムとして利用できます。特長は、独特の「フラワータッチ」を利用したジェスチャー入力をはじめ、ケータイ入力、フリック入力、QWERTYキーボード入力と、様々な入力形式に対応する点。また、絵文字・顔文字・記号もパネルから入力できるほか、日付入力支援機能、英文の予測変換なども備えています。もちろんATOKの名を冠するからには、最新の語彙、高い変換精度、推測変換などは当然期待されるところです。

面白いのは、現在のところドコモのXperiaGALAXY Sのみ対応しているところ。Androidスマートフォンが各社から発売されるなかで、ATOK搭載 / 対応は十分に差別化要因になる(と期待される)ことを考えれば、なんらかの取り引きがあったのかしらと想像したくなります。そのわりにAUREGZA Phone IS04がはじめからAndroid版ATOK搭載と発表されているのも興味深い点です。

繰り返しになりますが今回のAndroid版ATOKはあくまで試用版。Xperia / GALAXY Sでは本日からAndroid マーケットにて無料で入手できますが、利用できるのは来年2月末までです。ちなみにXperiaはAndroid 1.6のままでも利用できるとのこと。HT-03Aのことも思い出してあげて下さい。
関連キーワード: android, atok, docomo, ntt docomo, NttDocomo
15シェア
2
0
0
13

Sponsored Contents