Sponsored Contents

gakkenの最新記事

Image credit:

テオ・ヤンセン作品が「大人の科学」ふろくに登場、3500円で1月14日発売

Haruka Ueda
2010年12月21日, 午後02:00 in Gakken
146 シェア
74
2
0
70

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事


なんとも形容しがたい多足機構の作品を作るオランダ人アーティスト、テオ・ヤンセンは、アジア初上陸となった昨年の日比谷での展示会や、科学未来館で現在開催中の企画展などで、日本でもずいぶん知名度が上がりました。そこで自分でも作りたい、動かしたい、と思った方がどれだけいたのかは分かりませんが、ともあれ学研「大人の科学」次号のふろくとして、彼の作品キットが販売されます。作品名は「小さいオルディス型動物」を意味するAnimaris Ordis Parvus。手押し式ではなく、風車をとりつけて風で動きます。

テオ・ヤンセン作品がふろくになるという話はこれまでも公式ブログで断続的に伝えられていましたが、このたび発売日が1月14日に正式決定。いつもどおり100ページのムックもついて、価格は3500円です。続きには改造版の動画を掲載。小型ではもの足りないという方は、テオ・ヤンセンへのオマージュとして、多足式セグウェイCajun Crawlerもぜひどうぞ。



関連キーワード: gakken, THEO JANSEN, TheoJansen
146 シェア
74
2
0
70

Sponsored Contents