ソフトバンクが iPhone 4 専用のアクセサリ「電子マネーシール for iPhone 4」を発表しました。プレスリリースの表現では、「iPhone 4で電子マネー利用が 可能となる」製品。FeliCa 対応モジュールを内蔵しており、iPhone 4 の背面に直接貼りつけることで携帯電話機能との電波干渉なく各社の電子マネー形式が使える「シール」です。サイズは55.4 x 112mm、重量14g。アップルの純正Bumperケースを装着したまま利用可能。WAON ・nanaco・Edy それぞれに対応する「シール」三種が用意されます。

つまり、「そんなにおサイフケータイが使いたければ iPhoneにテープで貼れ!」を真面目に実現してしまったような製品です。いわゆる本物の非接触電子マネー対応携帯の利点はひとつのデバイスで複数のアプリを追加して使えたり、携帯側で残額の確認やネット経由の支払いができるといった点がありますが、「電子マネーシール」はあくまで「シール」。とはいえ、携帯さえ持ち歩いていれば忘れないメリットはたしかに実現しています。

まさかの「シール」製品化といい、外部チューナーから無線で飛ばすワンセグといい、iPhoneではハードウェア的に逆立ちしても対応できないものをカタログ上「対応 (※要別売りアクセサリ)」にしてしまうソフトバンクの「やりましょう!」精神には毎度のことながら嘆息します。電子マネーシール for iPhone 4は3規格それぞれ2980円で、2011年2月以降発売予定。

iPhone 4でFeliCa 電子マネーが使える「電子マネーシール」、ソフトバンクから発売
広告

0 コメント

広告