Sponsored Contents

chromeの最新記事

Image credit:
Save

Google ChromeがH.264対応をとりやめ、WebM推進を鮮明に

Haruka Ueda
2011年1月12日, 午前09:30 in Chrome
51シェア
10
0
0
41

連載

注目記事

人気記事

本日限り!ポケモンGO、『なみのりピカチュウ』大発生は20日(土)正午から15時まで。初の #PokemonGOCommunityDay

本日限り!ポケモンGO、『なみのりピカチュウ』大発生は20日(土)正午から15時まで。初の #PokemonGOCommunityDay

Ittousai, 12 時間前
View
IQOSホルダーに直結して充電できるマグネットアダプターを発見!:電脳オルタナティヴ

IQOSホルダーに直結して充電できるマグネットアダプターを発見!:電脳オルタナティヴ

View

GoogleがChromium Blog内で、今後はH.264動画フォーマットをサポートしない方針であることを明らかにしました。いわゆるHTML5ビデオの中では最も普及しているH.264形式を、Google Chromeは標準でサポートしないということになります。これでChromeがサポートするのはフリーのOgg Theoraと、Google自身が推進するWebMということに。もちろん本命は後者です。H.264用プラグインが用意される可能性はありますが、ともあれGoogleがH.264を見捨てたというのは大きな動き。サポート終了は今後数ヶ月以内の予定です。

今回の変更について、ブログにあるGoogle自身の言葉を引用すれば「ビデオ形式の中でH.264は重要な役割を担っていますが、私たちの目的なオープンなイノベーションを実現させることであることから、H.264のサポートを終え、開発リソースはすべてオープンなコーデックへ注ぐことになります」。このごろはオープンという言葉がずいぶん安売りされる傾向にありますが、WebMはオープンソース & BSDスタイルライセンスとなっており、たしかに「オープン」な規格です。ここまで言っておいて、なぜChromeがオープンでないFlashを標準サポートするのかは不明。

そもそもHTML5のビデオ形式は混沌とした状況が続いています。標準に一番近いと思われたのはH.264ですが、ライセンスを嫌ったMozilla(Firefox)やOperaはフリーのOgg Theoraを支持。反対にH.264支持を表明するマイクロソフト(Internet Explorer)が、Firefox用のH.264プラグインを提供するという動きまで見られました。一方で昨年夏にはH.264ライセンスを管理するMPEG-LAが、ネット動画配信でのライセンスフィーを永久無料化にすると発表しており、懸念の解消でH.264普及かという見方もあったところ。しかし現実にはGoogleが「オープンソース & ロイヤリティーフリー」なWebM普及をさらに推進させることとなりました。すでにFirefoxやOperaがWebMのサポートをはじめていることを考えれば、争いはH.264 vs WebMに二極化し、ますます激しくなりそう。勝者なしのまま、Flashビデオの時代が続くという可能性も大いにあります。

Daring Fireball
関連キーワード: chrome, google, h.264, webm
51シェア
10
0
0
41

Sponsored Contents