Sponsored Contents

microsoftの最新記事

Image credit:
Save

Windows 7 SP1 は2月17日から提供、Server 2008 R2にRemoteFX・Dynamic Memory追加

Ittousai, @Ittousai_ej
2011年2月10日, 午後07:11 in Microsoft
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

Windows 7 SP1 が正式にRTMを迎え、提供開始時期が告知されました。リリースはMSDN / TechNet 登録者とボリュームライセンス向けが2月16日 (日本時間17日)から。一般向けのダウンロードセンターとWindows Update では2月22日 (日本時間23日)から。Windows 7 SP1はこれまでに提供された更新プログラムをまとめて適用できるパッケージ。Windows Server 2008 R2にSP1で追加される新機能への対応のほか、クライアント側の新機能は含まれません。

Windows Server 2008 R2 SP1での主な新機能はRemoteFX (サーバの実GPUを仮想マシンに割り当てることで、FlashやSilverlight、DirectX、Aeroグラス表示等を滑らかに実行する仮想GPU機能)、Dynamic Memory (複数の仮想マシンに対して、サーバの実メモリを動的に割り当てる機能。メモリに余裕がある仮想マシンから回収して不足しているところで使わせる) の2つ。Windows Server 2008 R2 SP1 は Windows 7 SP1 と同じスケジュールで提供される予定です。

公式 Windows Team Blog の告知記事
マイクロソフトの日本語プレスリリース

広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents