Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

日本通信が 7インチAndroidタブレット Light Tab を発表、縛りなし3万9800円

Haruka Ueda
2011年2月25日, 午前08:30 in And
1シェア
0
1
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View

タブレット製品は次々と市場投入されていますが、携帯網を利用できるモバイル・タブレットと、WiFiのみが利用できるWiFiタブレットに大別されています。どこでもインターネットを楽しむためには、モバイル・タブレットが便利なのは誰でもわかっていることですが、実際に購入を検討してみると、大手携帯事業者が販売するモバイル・タブレットは高すぎて躊躇している方が大変多く見受けられます。大手携帯事業者の場合、2年間の通信契約を締結することを条件にして、その代わりにタブレット製品の見かけの価格を下げて販売しているためです。

思わず長文を引用してしまうぶっちゃけプレスリリースを沿えて、日本通信がAndroidタブレット Light Tab を発表しました。Android 2.2を採用し、ディスプレイは7インチ、800x480解像度。マルチタッチには非対応です。仕様は300万画素カメラ、microSD / microSDHC対応スロット、802.11b/g WiFi、Bluetooth 2.1、microUSB端子、3400mAhバッテリーといった感じ。テザリング機能も備えています。大きさは110 x 192 x 12.6mm、重さ390g。ちなみにZTE製です。

パッケージには10日間ぶんの定額データ通信が可能なb-mobileSIM U300が同梱。そのままデータ通信プランを継続するもよし、買い切りのWiFiタブレットとして通信契約なしで遊ぶもよし、電話 / SMSを楽しむためにTalking SIMを導入するもよし、SIMロックフリーなので他社のSIMを入れてみるもよしと、日本通信らしい柔軟な仕上がりです。同社公式bマーケットでの価格は3万9800円で、いわく「日本で一番安いモバイル・タブレット」。3月4日発売です。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: and, b mobile, b-mobile, BMobile, light tab, LightTab, zelda
1シェア
0
1
0

Sponsored Contents