3月2日に発表イベントを控えた iPad 2 (仮) について。アップルの製品開発に近い筋から得た直前情報をお伝えします。次世代 iPad についてこれまであったうわさは本体の薄型・軽量化、高速なA5プロセッサ採用、SDスロットやカメラの搭載、画面の高精細化など。情報提供者によれば、こうした要素には実際に検討されながらも最終的な設計からは外されたもの、そもそも3代目以降の将来をターゲットにしているものがあり、すべてが含まれるわけではないとのこと。

まず iPad 2で実現しない点から挙げると、内蔵SDカードスロットも高解像度ディスプレイも次の世代には含まれないとされています。内蔵SDカードスロットは最近の MacBook Pro や Air で採用されていることもあり、また流出情報を元にしたモックアップでもそれらしい部分が含まれていたことから比較的ありそうと思われていた点。情報提供者によると、SDスロットは開発の途中まで搭載されていたものの、よく分からない「エンジニアリング上の理由」から外されたとのこと。初代向けにカメラ接続キットを購入したユーザーはまた持ち歩くことになりそうです。

また iPhone 4 の Retina ディスプレイのような超高解像度ディスプレイについては、iPad 2ではなくさらに将来の世代のために計画されており、iPad 2には採用されないとのこと。こちらは現行 iPad の DPIを低さを思えば、特に Retina ディスプレイを見慣れてしまったあとの目にはいずれ実現してほしいものの、さすがにわずか一世代で前代未聞の超高解像度画面までは高望みだったかもしれません。

一方「実現する点」を挙げれば、初代よりさらに薄い (そして恐らく軽い) 筐体とより高速なプロセッサ、そして少なくともひとつのカメラ搭載があります。具体的な数値はないものの、iPad 2 / iPhone 5 ではデュアルコアのA5 を採用するらしい、またグラフィックコアも大きく強化されているらしいとの話は以前にもありました。また現行機では iPhone 4 のさらに半分しかないRAMも、少なくとも512MB程度には増えそうです。カメラは初代 iPad でも途中まで設計に含まれていたとされており、iPhone / iPod touch / Mac に続く FaceTime 通話用として前面カメラがアピールされる様子は想像できます。

さらにソフトウェアの点でいえば、ライバルが新しい世代のハードウェアを前提にした先進的なタブレットOSをアピールするなか、アップルも新世代の iOS (おそらく iOS 5)を披露することはほぼ確実。ただし iOS 5 (仮) が iPad 2 と同時発表なのか、あるいは iPhone 5 と同時に解説されるのかはまだ分かりません。初代 iPad では iPhone が iOS 4 になっても長い期間 3.x のままでしたが、今回は時間差のない導入を期待したいものです。いずれにせよ、iPad 2の仕様・新機能については来週のイベントで全貌が明らかになります。

iPad 2 (仮) は薄く速くカメラつき。解像度そのままでSDスロットなし。
広告

0 コメント

広告